ジョーク25lleand                           hyoushilogo2.gif (1530 バイト)

1201.「勤務中」 sigonarazuさん

取引先からの電話を同僚の女性が取った。

「もしもし、sigoさんはいらっしゃいますか?」

「え〜と、申し訳ありません。ただいま、ハメをはずしておりますが…。」

1202.「電車にて」 sigonarazuさん

電車の中で女の子が寄り目になって、夢中でゲームボーイをしている。

次の駅で降りるのだろう、ゲーム機を仕舞ったのだが寄り目が直っていない。

オイオイと声を掛けようとしたら、こめかみのボタンをピッと押してリセット。

すっかり元通りになって降りて行った。

1203.「手配犯人」

子供が、警察署内の掲示板の犯人の手配写真を見て、

「どうして、この写真を撮ったときに捕まえておかなかったの?」

1204.「レストランにて」 soupsoapさん

その店は大きなエビフライで有名であった。

客:このエビはなんていう種類のエビですか?

ウェイター:ジャンボエビでございます。

1205.「レストランにて2」 soupsoapさん

客: きみ、このエビフライ、なんだか味がおかしいよ。1週間前に来たときはおいしかったんだが。

ウェイター: おかしいですねえ、同じ日に仕入れたエビなんですが・・・


1206.「レストランにて3」

客「このレストラン、70才以上の人はタダって書いてあるけどほんとですか?」

店員「ほんとうです。但しご両親ご同伴の場合に限ってですが」

1207.「レストランにて4」 cedarmさん

「君、スープの中にハエが入っているぞ。」

「サービスですから、気になさらないで下さい。」


1208「レストランにて5」 cedarmさん

「君、スープの中にハエが入っているぞ。」

「お客様の料金ではそれが限度でございます。」

1209.「レストラン6」

「君、スープの中に死んだハエが入っているぞ。」

「お客様の料金では生きたのは無理でございます」


1210.「レストラン7」 tokotoko 99さん

客「このローストチキン固いよ、グランドマザーふう、と書いてあったのに」

ウェイター「はい、グランドマザーチキンのローストでございます」


1211.「レストランにて8」 cedarmさん

「君、スープの中にハエが入っているぞ。」

「飲まれても大して減りませんから、大丈夫ですよ。」

1212.「レストランにて9」 cedarmさん

「君、スープの中にハエが入っているぞ。」

「生きていますか?死んでいますか?

 生きているようでしたら、そのままお召し上がりいただけます。

 死んでいるようでしたら、新しく作りましたスープをお持ちします。」


1213.「レストランにて10」 cedarmさん

「君、このスープのことで聞きたいのだが。」

「何でしょうか。」

「オーダーを調べてくれないかね。

私が頼んだのがコンソメスープなのか、お湯なのか。」

1214.「レストランにて11」 cedarmさん

一流シェフとは?

同じサラダに、7つの名前を付け日替わりで出せるシェフ


1215.「レストランにて12」 March Hareさん

「君、スープの中に髪の毛が入っているぞ」

「ええ、フェロモン・スープですから」

1216.「レストランにて13」 March Hareさん

中年の紳士と若く美しいご婦人が食事をしていた。

そこへ、ウエイターが注文していないスープを持ってきた。

「このスープどうしたのかね」

「あちらで手を挙げていらっしゃるお客様のおごりです」

連れの女性が訊ねた。

「あちらのご婦人、お知り合い?」

「妻だ」

1217.「レストランにて14」 depreciationさん

客 :おい、このスープ、ハエが入ってるじゃないか。

店員:お客様が、カメレオンに似ているもので、つい。

1218.「レストランにて15」

客「この食べ放題プラス アルファで1000円というのは安い。

ほんと?」

店「ええ、そうです」

客「プラス アルファってのはなんかお土産がつくの?」

店「いえ、そうではございません。食べ放題の前に食べていただく

んです、トースト3枚を」

1219.「答案用紙の返却」

高校時代の数学の先生は、テストの答案を返すときユニークな方法

をとった。優秀な答案を返すときには顔の高さで、次のランクの成

績の答案は膝の高さで、そして残りの答案は床の上において返した。

そして、先生は、まだ2,3人の答案があるが、その生徒たちは授業

終了後に、先生が教えるある場所を深夜掘ってみるように、と言うの

だった。

私? 答案用紙を手に入れるために、パワーショベルが必要だった(笑)。


1220.「答案用紙の返却」 March hareさん

高校時代の数学の先生は、テストの答案を返すときユニークな方法

をとった。あらかじめ採点せずに、生徒の顔を見ながら採点して返すのだ。

何を基準に点数をつけているのかは分からないが、女性の場合は一律10点増しだった。

いつも高得点を取っていた私は、毎日セーラー服を着て通ったものだ。

1221.「答案用紙の返却」 depreciationさん

僕は大変でした。

毎回、エベレストの頂上まで取りに行く必要があったので(笑)。

1222.「子供は詩人」 tokotoko 99さん

小さくなって穿けなくなった靴に、

「また小さくなったら、穿いてあげるね」

ブロック塀の上の猫に、

「お名まえは?ねこちゃんじゃないお名まえは?」

青い空に、

「お空もたいへんだね、赤くなったり、青くなったりね」

冷たい風に、

「あっちで吹いて!」

しっぽを切って逃げていくトカゲに、

「わすれもの〜、わすれもの〜、」

近所の大きな秋田犬に、

「ねえ、こどもだと思ってない、ボクのこと」

親戚の太ったトラ猫に、

「わ〜、ふとった猫みたいだね〜」

近所のダックスフントに、

「‥‥(小さい声で)あし短いね」

近所のパグに、

「あららららら‥‥‥‥」

冬の海水浴場で、

「みんな、もう海はあきたのかな」

1223.「アラブ人の名前」 kazu2705さん

今、新聞やテレビで「ハビビ」だの「ワヒド」だの出ていますね。

あれはみんなイスラム圏の名前です。

「ハビビ」というのは「素晴らしい」という意味です。「シュクラン」は「ありがとう」。

「シュクラン ハビビ」は「大変ありがとう」です。男性から女性にただ

「ハビビ」と言うと、違う意味がある様で、女性秘書は顔を赤らめていました。

「ワヒド」「ワハド」は「ひとつ」つまり「No.1」と言う意味だと思います。

アラブでは(預言者からとった)「モハメッド」という名前は大変多いです。

人ごみで石を投げると、「モハメッド」に当たる、といわれます。(投げたことは無い)。

その変形も多く「マホメッド」「モハムード」・・・みんな、同じです。日本なんて

「釈迦」なんて人、めったにいないのにね。欧米には時々「俺がキリストだ」なんて

方も出てくるようですが・・・・

その他に多いのは「アブドラ」「アブドラアジズ」「アブドララヒマン」「ラヒマン」「アジズ」

「イマム」「ラシッド」「アミン」「サイード」・・・・

みんな、コーランに出てくるマホメッドの弟子や友人です。

アラブでは名前を「ビン」とか「イブン」とかで繋いだものがあります。

例えば「モハメッド イブン アブドラアジズ」となったら、「アブドラアジズ」の息子の

「モハメッド」という名前です。こうやって父、祖父の名前をいくつもつなげている人もいます。

まるで、じゅげむじゃ。

かように、血のつながりを大切にするのです。従って、むこうで、住民登録をすると、

父親・祖父の名前を聞かれます。私は何人も同僚を連れてそれに行ったのですが、

中には爺さんの名前なんて知らないのがいる。

同僚「わからん。どうする?」

私 「いいから、『ごんべえ』にしとけ、どうせわからん。」

次の同僚「どうする?」

私   「『ごんべえ』にしとけ」

かくして「Gonbee」「Gonbei」のオン・パレード、

受付の女性「Gonbeiとはどういう意味だ」

私(すまして)「『偉大な』という意味だ。ここで『マホメッド』とか、つけるのと一緒だよ」


1224.「日本の人口」

日本の人口覚えやすかったけど、今はどうなったかな。

いつだったか123456789人だった。

1225.「陽水」

「陽水のCDどこへおいたかな?」

「それって、セクハラよ。女性に羊水のことを聞くなんて」

「そうじゃなくて、陽水、井上陽水だよ」

「いのうえ? 羊水は胃の下だけど」

「なにをいってるの、くだらないことばっかり言って」

「冗〜談よ、そのくらい知ってるわよ? それで<探しものは

なんですか?>」

1226.「救急車」

ある家の奥さん、入院の必要があり、病院から救急車が

迎えに行った。病院についた救急車にはその夫しか乗ってなく、

夫はすこし恥ずかしそうに言った。「実は、来る前にケンカを

してしまい、妻はバスでこちらにむかっています」

1227.「名言」

いんちき宗教にはまった才女の飯星景子が、ヨブ記に出会って、

いかに自分が誤った宗教に溺れていたかを悟ったそうだ。

その悟りの瞬間の感想がこの名言。

「正直に言おう。この時の私の感想は、ハラホロヒレハレであった!」

1228.「チャイム1分前」 soupsoapさん

生徒:先生、トイレ行っていいですか? 

先生:あと一分だから我慢しなさい。

生徒:膀胱が破裂しそうなんだよ!

先生:破裂させてみなさい。

1229.「アラブの酒の話」 kazu2705さん

アラブは酒は御法度である。ただし、それは建前・・・・サウジ以外は目こぼしがある。

サウジはダメ、あそこは「マジ」、へたすると一生出てこれない。

その他は一応「No」。

ある国から、ヨーロッパに休暇に出た。ギリシャの空港で出国時に「ウォッカ」が棚に

並んでいるのを見た。「これは強いので持ち込むのに効率が良い」とばかり買い込んだ。

ところが、空港で運悪く見つかっちまった。その税関、袋を開けようともせずに、

振って音を聞いただけで没収・・・抗議する訳にも行かず・・・・・・・とほほでした。

別のグループはウィスキーを持ち込もうとしたが、飛行機に乗って気が変わった。「

どーせ、取られるんなら今のうちに飲んじまおう」と、機内で酒盛りを始めた。

3人で2時間弱の飛行でボトル半分以上開けちゃった。さてくだんの空港に着いて、

彼らは足元ふらふら・・・・・、ピーナッツなんて、ポリポリ食っている。

さて、残りの酒は? と見ていると、何とパスしちまった!

実はこの時の主犯、前日に私の所に来て、酒を持ち込むいい方法はないかと

相談に来た。私は答えた。

「勝負は時の運。持ち込んで、ばれたら謝ればいい、ボトルをさっさと出して

『ごめんなさい』、それだけ」

ところが、この人その通りにやっちまった。

残りの酒の入ったボトルを見つかって

「Oh,It’s my mistake.」

そしたら、その税関、ボトルをすかして見て「なんだ、あらかた飲んじまったじゃないか」

と言う顔をして、通してくれた。

どうも、ボトルを横流しして儲けているふしがある。

でないと、絶対没収だもんね。

さて、そんな訳で中東には酒は無い、もしくは少ない。で、どうするかというと。

最後の手段、闇酒を作る・・・

1230.「新車」 mai 01さん

今日、中古車屋さんから念願の新車が届いた。

早速試しに乗ってみると、ブレーキを踏んでいるのに前に進む。

しばらくすると車は止まり、私は中古車屋さんに

「この車、ブレーキが利かないじゃないかっ!」と、訴えた。

ところが中古車屋さんが乗るとブレーキはちゃんと利く。

不思議に思って、もう一度乗った時謎が解けた。

私は右足でブレーキとアクセルをいっしょに踏んでいた・・・。

1231.「カマの油」 depreciationさん

そうそう。見るも醜いオカマを四面鏡張りの部屋に押し込み、そのオカマが流した脂汗を

集めて、三日三晩煮詰めて作った、カマのあぶら。

つけたくねー。

1232.「ピン・ポーン」 soupsoapさん

「はい、どちらさまでしょうか。」

「今日はたいへんすばらしい英会話の教材をお持ちいたしました。」

「わたくし、英会話を教えております。」

「失礼いたしました。」

「はい、どちらさまでしょうか。」

「エステに興味をお持ちではないでしょうか。」

(無言でドアから出て全身を見てもらう)

「・・・! た、たいへん失礼いたしました。」

「はい、どちらさまでしょうか。」

「たいへん縁起のよい布団のセットをお持ちしました。」

「・・・? 演技って? 演技力が高まるの?」

「はい、どちらさまでしょうか。」

「ワタシ、ジョンイイマース。 アナタハ、カミヲシンジマスカ?」

「ワタシ、エイゴワッカラナーイ。ホカノオタクヘイッテクダサーイ。」

「はい、どちらさまでしょうか。」

「化粧品の訪問販売でございます。奥様、最近、お肌の調子は

いかがでしょうか? メイクも教えてさしあげます。眉カットもいたしましょうか。」

「あら、わたくしの顔のどこをどう改善すれべきだと言うの? まったく失礼ね!」

「はい、どちらさまでしょうか。」

「NHKです。受信料の徴収にまいりました。」

"Sorry, but I don't speak Japanese.

What are you talking about? ....."

「くそー!」 

1233.「ピン・ポーン2」

「はい、どちらさまでしょうか」

「お鍋いかがですか、高級のセット鍋は」

「失礼ね! 私はオカマよ」


1234.「ピン・ポーン3」 depreciationさん

「はい、どちらさまでしょうか」

「スポーツ用品はいかがでしょう」

「卓球ね」

1235.「卒業アルバム」 papass26さん

娘が妻の高校時代の卒業アルバムを見ています。

そこへ私が「みんな就職したのか?」

「わからない」

「誰もできてなければ、失業アルバムだな」

1236.「犬の名前」

人の犬を預かる場合は注意しなければいけない。

ある主婦、「拓也」という名前の犬を預かった。ところが夜、

ドアの隙間から逃げ出してしまった。主婦は大きな声で、

「いや〜ん 拓也いかないで! 帰ってきて!」と何度も叫んで

しまった。もちろん近所では、主婦の夫の名前が敏夫であること

をみんな知っている。

1237.「犬の名前」

「いなくなった犬を探すチラシに出ていた文」

いなくなった僕の犬を探しています。

雑種の中型犬で、毛の色は白です。

毛はアトピーのため、ところどころ脱毛しています。

右の足は車に轢かれ、びっこをひいています。

左目は他の犬にかまれ失明しています。

右肩は、溝におちて大きな創があります。

名前は「ラッキー」です。

1238.「新生代」

図書館の司書のところへ、新生代はいつ始まったのかという問い

合わせの電話がかかってきた。司書はいろいろと資料を調べた上で、

およそ6千5百万年前だと答えた。

「もう少し正確なところはわかりませんかね」と、電話をかけて

きた男はしつこかった。

そこでいらいらした司書はこう答えた。

「わかりますとも。6千5百万年前の5月1日です」


1239.「含蓄のある言葉」 sigonarazuさん

とにかくありとあらゆる苦労の末にやっとなるのが老人である。
                          …赤瀬川原平

1240.「含蓄のある言葉2」 tokotokoさん

笑いはちょうど音楽のようなものである。

笑いが心のなかに漂いそのメロディの聞こえるところでは

人生のもろもろの禍は立ち去ってしまう

1241.「含蓄のある言葉3」

笑いは人にとって衣食住よりも大切である・・・・・・鈴木大切(嘘)

老齢は他のどんなものよりもだしぬけにやってくる。


1242.「忘れ物<見栄>」 depreciationさん

女性:お巡りさん。タクシーにバッグを忘れちゃったんです。

警官:ええっと、どんなバッグですか?

女性:小振りの黒いバッグで…

警官:ああ、じゃあ、ひょっとすると、これですか?

女性:ああ、それ、それです。

警官:さっきタクシーの運転手さんが届けてくれたんですよ。

   (書類を見ながら)「60歳くらいの女性客が忘れた」と、間違いないですね。

女性:すいません。それ、やっぱり私のではないです。

1243.「忘れ物2」 sigonarazuさん

中年の女性:お巡りさん。タクシーにバッグを忘れちゃったんです。

警官:ええっと、どんなバッグですか?

女性:小振りの黒いバッグで…

警官:ああ、じゃあ、ひょっとすると、これですか?

女性:ああ、それ、それです。

警官:さっきタクシーの運転手さんが届けてくれたんですよ。

   (書類を見ながら)「20歳くらいの女性客が忘れた」と、間違いないですね。

女性:絶対、私です!

1244.「忘れ物3」

中年の女性:お巡りさん。タクシーにバッグを忘れちゃったんです。

警官:ええっと、どんなバッグですか?

女性:小振りの黒いバッグで…

警官:ああ、じゃあ、ひょっとすると、これですか?

女性:ああ、それ、それです。

警官:さっきタクシーの運転手さんが届けてくれたんですよ。

   (女性の顔を見ながら)あなたではないですね。日本人離れ

した顔って言ってました。あなたはどちらかというと、外人離

れした顔ですから。


1245.「忘れ物4」 March Hareさん

中年の女性:お巡りさん。タクシーにバッグを忘れちゃったんです。

警官:ええっと、どんなバッグですか?

女性:小振りの黒いバッグで…

警官:ああ、じゃあ、ひょっとすると、これですか?

女性:ああ、それ、それです。

警官:さっきタクシーの運転手さんが届けてくれたんですよ。

   (女性の顔を見ながら)あなたではないですね。日本人離れ

した顔って言ってました。あなたはどちらかというと、人間離れした

顔ですから。

1246.「病院にて」 ZOFYさん

一通り診察を終えた僕は、看護婦さんに注射をしてもらうことになった。

「それでは注射しますが、次の3つの中のどれがお好みですか。

 1 それほど痛くないけど効き目も薄い注射

 2 かなり痛いけどよく効く注射

 3 メチャクチャ痛いうえに病状が悪化する注射

 さあ、選んでください。」

「じゃ、2番をお願いします。

 …それにしても、3番を選ぶ人なんているのですか?」

「それが結構いるのよー、特に重病で意識が朦朧としてる人に限ってね。

 私もお願いされた以上断れないし、困ったものよねー。」

1247.「病院にて2」

「それでは注射しますが、どっちのお尻にしますか?」

「えっ、どちらでもいいんですか?」

「ええ、いいです」

「じゃあ、看護婦さんのお尻に」

1248.「病院にて3」

一通り診察を終えた僕は、看護婦さんに注射をしてもらうことになった。

「それでは注射しますが、次の3つの中のどれがお好みですか。

 1 それほど痛くないけど効き目も薄い注射

 2 かなり痛いけどよく効く注射

 3 メチャクチャ痛いうえに、病状が悪化する注射

 さあ、選んでください。」

「じゃ、2番をお願いします。

 …それにしても、3番を選ぶ人なんているのですか?」

「それが結構いるのよー、 私もお願いされた以上断れないし、

困ったものよねー。ただ、そのときは私も看護婦じゃなく女王に

なってしまうの」

1249.「結婚式」

「この結婚式、新婦側の出席者がいやにすくないわね」

「なんでも、今度の町長選挙の家族ぐるみの選挙違反で

ほとんどの身内が捕まってるらしいの」

「で、新婦は捕まらなかったの?」

「ちょうど、選挙のときは万引きで刑務所にいたの」

1250.「坊さん」 kazu2705さん

昨日、母方祖母の法要が田舎であった。

この時来た坊さんがなんと、学生時代、家庭教師をした相手

その時の事を思いだしてしまった。

余り意味の無いことでもどうしても覚えなければならないことがあると、

「こんな物は、ただ丸暗記すればいい、お経みたいに・・・」

ここで、はたと困る・・・しまった・・・こいつは寺の住職の息子・・・・

法要が終わったあとで、

「いやあ、あいつはあの頃、坊主で・・・・今は本当の坊主だけど・・・・」

inserted by FC2 system