ジョーク101d                                                                                             hyoushilogo2.gif (1530 バイト)

5001.「連勝記録」 kazuさん

ここで、私の手元にある連勝記録を載せておきます。

379 = 日体大 = 水球 (73-95年)= 22年間

258 = ニチボウ貝塚 = バレーボール (59-66年)= 7年間

203 = 山下 = 柔道

84 = 田村 = 柔道 =アトランタまで

74 = ナブラチロワ = テニス 1984

71 = 神戸製鋼 = ラグビー (88年12月ー94年11月)= 6年間

69 = 双葉山 = 相撲 1936-39年 (0休場、引分、預。無勝負

3年

66 = グラフ = テニス 89−90

65 = 田村 = 柔道 96−02年

63 = 谷風梶之助 = 相撲 この間2休場、引分、預。無勝負あり

58 = 梅ケ谷 = 相撲 14休場、引分、預。無勝負

56 = カマレロ(プエルトリコ) = 競馬世界記録 プエルトリコ 53-55年 3年間

56 = 太刀山 = 相撲 2休場、引分、預。無勝負

53 = 千代の富士 = 相撲 0休場、引分、預。無勝負

5場所

45 = 大鵬 = 相撲 0休場、引分、預。無勝負

4場所

44 = 雷電為右衛門 = 相撲 1休場、引分、預。無勝負

43 = 谷風梶之助 = 相撲 6休場、引分、預。無勝負

43 = 雷電為右衛門 = 相撲 4休場、引分、預。無勝負

43 = 雷電震右衛門 = 相撲 11休場、引分、預。無勝負

43 = 太刀山 = 相撲 6休場、引分、預。無勝負

26 = 3頭 = 日本地方競馬

26 = NYヤンキース = 大リーグ 米 1961年

25 = 日大 = ゴルフ 73−97年

20 = シュンエイ = アラブ競馬 57-59年 3年

20 = 上山仁 = ボクシング 日本スーパーウェルター級タイトル

18 = 南海 = 野球 1954

18 = 大毎 = 野球 1960

18 = 千葉ロッテ = (連敗) 1998

18 = 日体大 = 水球 76−94年 日本学生水泳選手権

18 = リック吉村 = ボクシング 34歳 日本ライト級タイトル

18 = 吉岡稔真 = 競輪 S級 94年

16 = 鹿島 = サッカー 98−99 Jリーグ

10 = 山口香 = 柔道 全日本体重別選手権

10 = 中野浩一 = 自転車 77−86年 世界選手権スプリント

10 = 橋本聖子 = スピードスケート 82年ー91年 全日本選手権

9 = カブラヤオー = 中央競馬 1974-76年 3年

9 = シャンソン化粧品 = バスケットボール 90年ー98年 女子日本リーグ

9 = 糸井 = 水泳・200m・背 89年ー97年 日本選手権

9 = 山下 = 柔道 77年ー85年 全日本選手権

9 = 田村 = 柔道 91年ー99年 福岡国際女子柔道

9 = 橋本聖子 = スピードスケート 全日本スプリント

9 = 巨人 = プロ野球(シーズン) 65年ー73年 日本シリーズ

7 = 神戸製鋼 = ラグビー 88年ー94年 日本選手権

7 = 新日鉄釜石 = ラグビー 78年ー84年 日本選手権

6 = テイエムオペラオーGT = 中央競馬 (1999−2000) 2年

6 = 日立 = バレーボール 81年ー86年 女子リーグ

6 = カレリン = レスリング・グレコ・130k ロシア 92年ー97年 世界選手権

6大会=グラフ(テニス)=88年豪仏、五輪、英米89年豪(このあと仏は逃したが、続く英米90年豪を制覇)

5002.「いくらなんでも」

結婚したての若い女性が結婚後はじめて義母を食事に呼ぶことになった。

家の中をチリひとつない状態にしておこうと、何日かをかけて部屋の隅から

隅まで磨き上げた。

そして最後に道具類を入れた戸棚を片づけるだけになった。

ところが戸棚を整理中に、あやまって釘の入った入れ物をを石けん水のバケツの中に

落としてしまった。

ペーパータオルの上に石けんできれいになった釘をひとつひとつ並べているところへ、

ちょうど夫が入ってきた。

夫はびっくりして言った。

「ねえ、キミ。いくらなんでもやりすぎだよ」

5003.「しゃぶしゃぶ」

妻の友人がやつれた様子で相談に来た。

「主人のためにしゃぶしゃぶを作ったんだけど、ほとんど食べてくれないの」

妻は、そんなことかと少し安心して、慰めた。

「そんなことでがっかりしないで、次は美味しいのを作ろうよ」

友人は涙を浮かべて頼んだ。

「お願いだから、美味しい作り方を教えて!」

「わかったわ。あなたの調理法は?」

「まず、お湯を用意するでしょう。それからね、アンフェタミンを入れるの」

5004.「あったらイヤなサッカー」 depreciationさん

試合終了後、下着まで交換する。

5005.「あったらイヤなサッカー2」

負けると帰国後刑務所に入れられる。

数年前に、日本と引き分けたイラク選手は帰国後、

禁固刑に処されたとか。

このときの監督はユーゴ人でイラクには帰らず、

ひとりユーゴに逃げ帰ったそうです。

今のW杯を見にきていたロシアの高官は日本に負けたロシアの監督を

刑務所にぶち込むといきまいていました。

5006.「あったらイヤなサッカー3」 tokotokoさん

ゴールキーパーーが背負ってる籠にボールを入れる。

5007.「義母」

ペンタゴンは、多くのアメリカ軍人がなぜ駐在先の国の女性と

結婚したがるのかを調査したことがある。

予測とは違って「一人身の寂しさ」は無関係だった。

アメリカに帰ってしまえば義母と遠く離れられることがその一因だった。

5008.「臨死体験」

「昨日は酔っ払ったな。ほとんど覚えてないよ」

「ぐでんぐでんだったわよ」

「オレ、死んだようだったか?」

「なに言ってんだか」

「でもなあ、途切れ途切れだけど臨死体験の記憶があるんだ。

ゴーっと音が聞こえ、体が浮遊して幽体離脱状態で、

花がたくさん見え、トンネルを通って、行き着いたところで、

そのまま帰っていいと言われ、トンネルを通って帰ってきた記憶があるんだ」

「何言ってんのよ。昨日は会社の創立記念日でしこたま飲んで、

抱えられるようにして電車に乗せられ、花を抱いたまま

眠ってしまい、駅で降りられず、終点で折り返し帰ってきたって言ってたわよ」

*私の友人に、上野から京浜東北線に乗り、本郷台で

降りるところを寝過ごして、終点の大宮で眠ったまま

折り返し、また本郷台を通りすごして目が覚めたら鶯谷(上野の次の駅)に

いたという剛の者がいます(笑)。

5009.「ナンシー関」 murasakiさん

私と年は大分違いますが、同時期(当時私は社会人なりたてで

彼女は高校生)にあの伝説の「ビックリハウス」に投稿していた関直美(青森県出身)さんが

39歳で亡くなられました。消しゴム版画という新しい道を作った彼女、ちょっとキツイ印象は

ありましたが、ご冥福をお祈りします。

ナンシー関さんの学生時代の作品

1978年11月号 御教訓カレンダー 「猫のケも刈りたい」  関直美(16歳・学生)青森県堤町

1979年5月号BHカタログ

「リッチ・コロン」 あの憧れの1万円札の香り。当社は独自の調合法で1万円札を

オーデコロンにしました。お出かけ前に背広の内ポケット、財布、ハンドバッグにひとふり、

すれ違う人の目が変わります。ひと時のリッチな気分をお楽しみください。 考案=関直美(青森県)16歳

1982年1月号

ヘンタイよいこ新聞 <ビンボー編 > 

中学の時、同じ部に大沢さんと木村さんがいました。その二人はとても仲良しで、ある日

「ねえ、チリ紙 おごるからトイレにいっしょに来て」

「えー、トイレ・・。何枚おごってくれる?」

「じゃあ2枚」

という話をしていたのを覚えています。

(東京都 関直美)

5010.「清水ミチコさんも・・」 murasakiさん

私がビックリハウスを引退後にまだ素人時代の清水さんもビックリハウスに投稿されていました。


1981年10月号教訓カレンダー

ブリキのタイヤ---プラモデル

シミズミチコ  東京都目黒区

1982年1月号おもこ

エレキギターのコード(弦)は電線を短く切ったものだと思っていた。

シミズミチコ  東京都目黒区


1982年1月号クラブ・ド・シビア

コーヒー=小さな悲鳴 

シミズミチコ  東京都目黒区


1982年3月号 教訓カレンダー

エンドレスデブ

シミズミチコ  東京都目黒区

1982年3月号命名名鑑

真田広之=立ち回り抗生物質

シミズミチコ  東京都(21歳)

1982年5月号イメージコレクション

<たくわん>

「たくわん野郎!」---それ程俺は、ホサれていた 。

(シミズミチコ ・東京都目黒区)

1982年5月号命名名鑑

俵孝太郎=手風琴の民話

シミズミチコ  東京都目黒区八雲

5011.「W杯に思うこと」 bgatayoさん

日本チームに金髪が一番多い

5012.「秘密警察」

前に出したソ連ジョークですが完全版が見つかりましたので、

年若い音楽家が汽車でワルシャワからモスクワヘ旅行していた。

その男が汽車の座席で楽譜を読んでいると、同席の乗客

―――実は秘密警察の一員―――がそれを解読しようとしはじめた。

しかし解読することができなかったので、秘密警察員は

楽譜を秘密の暗号であると主張して音楽家をスパイ行為

のかどで逮捕した。

「ですが、これは何でもない、バッハのフーガなんですが・・・」

と音楽家は引かれてゆくみちみち抗議した。

あくる日、まだ無罪を主張したままで、音楽家は秘密警察長官の前に

引出された。

長官は言った。

「さあ、君、いい加減に白状したらどうだ。バッハはもう白状したぞ」

5013.「ETC」

新し物好きの友人は車にETC装置を取り付けました。

ほら、高速の料金所で金銭のヤリトリをしないで自動決済が

できるという装置です。

友人に誘われテスト走行して見ました。

快適に料金所を通過できますが、ETCを装備してない料金所

(首都高でもけっこうある)では、なんのことはない、

現金で払わされました(笑)。

普通の道路に下りての走行中、たまたま信号がずっと青が続いたとき、

友人が言いました。

「オイ、青影。ETCは信号も青に変えて通り抜けられるんだ」

ほんとうでしょうか?(笑)

5014.「進歩」

ソ連時代のモスクワ首脳会談についてのジョーク。

ソ連首相のコスイギンが各国の首脳にめいめいで弁当をつくって

ピクニックに行こうと誘った。

目的地に着くと、チェコスロバキアの首相ノボトニーは

バター付きのパンとゆで卵を取出した。

ポーランドの首相ゴムルカの弁当はパンと5、6切れの

ポーランド風ハムだった。

ハンガリー首相カダルは一塊のソーセージを取出し、

ブルガリア首相ジフコフはトマトを二個持ってきた。

最後にコスイギンがたった二枚のパンと一つまみの塩を

取出したのを見て、他の四人は驚きあきれてものが言えなかった。

が、ジフコフがいかにも感心したように言った。

「なるほど、いかにもソ連らしい。いつもわれわれより二年先へ進んでいる!」

5015.「革命」

ある街なかで一人の活動家がアジ演説をしていた。

「革命が起これば、だれもが腹いっぱい食べられるようになる。

革命が起これば、だれもが酒もタバコもいくらでものめるようになるのだ」

すると人垣のなかから反対の声があがった。

「オレは酒もタバコも欲しくないね」

活動家は答えた。

「革命が起これば、黙って言われたとおりにするようになるのだ」

5016.「父の足跡を踏んで」

経済学部の学生が、なぜ「投資」を専門に選んだのかを説明した。

「ボクは投資で財産を築くことを夢みているのですーーちょうどボクの父のように」

教授はその学生にきいた。

「ほう、キミのお父さんは株かなんかでひと財産を作ったのかね?」

「いいえ、作りはしませんでした。父もそれを夢みていたのです」

5017.「W杯モヒカン刈り」 kazuさん

マティス(米)・・・・正統派モヒカン

戸田(日)・・・・・・チャボの鶏冠(トサカ)

ベッカム(英蘭)・・・アルプス山脈

ツィーゲ(独)・・・・中央分離帯

ダバラ(トルコ)・・・コボちゃん

5018.「説教」 murasakiさん

この間息子に

「ちょっと話があるからこっちに来なさい」

と言ったら

「なんだ、説教か」

と言われました。

「そうじゃない。お父さんの趣味だからお父さんの話を聞きなさい。

勉強してるんなら聞かなくても良いけど。」

おかげさまでよく勉強するようになり、C がなくなりました。

「お手伝いしないとキスしちゃうぞ」もかなり効きましたが、これは続けると

セクハラというか児童虐待になりかねない。説教も同じかな?

5019.「説教2」 murasakiさん

「ムラさん、ウチの娘はもうどうしようもない。お願いですから説教してやってください」

「親の意見と冷酒は後で効くといってな。親の意見が一番いいんじゃが」

「ムラさんじゃなくちゃ駄目なんです。」

「そうかい?」

「そうです。ムラさんの芸談。あれをお願いします。」

「ふふ。良いのかい」

「お願いです。ムラさんの芸談ならウチの娘を救えます」

「いやいや、そんな大それたモンじゃないが、お困りとあらば・・」

「うれしい。じゃあ、今すぐお願いします。」

「おやおや。乱暴なシトだねこのシトは」

5020.「電話」

メリーランド州のある町で、婦人が電話に出てみると、小さな子供の声がこう言った。

「スノースーツを脱ぐにはどうするの?」

「あなたははどなた?何番におかけですか?」

「ボクはボビー。何番にかけたかわかんない。スノースーツを脱ぐにはどうすればいいの?」

「あなたのお家はどこ、ボビー?」

「知らない」

「あなたいくつ?」

「よくわかんない、ふたつかな」

「お母さんはどこ?」

「ご用ででかけたの。お姉ちゃんもどっかへ行っちゃった。あたしが帰るまで

テレビを見ていなさいって言ったよ」

「それじゃそうしたらいいでしょ。スノースーツは着たままで」

「だめ。今すぐお手洗いに行かないと大変だよ」

「あらそう。誰かご近所の人知ってる?」

「うん、お向かいの奥さん知ってる。でも今いないの」

「お隣の奥さんはどう?」

「ボク知らないもの」

「あら平気よ。玄関へ行ってドアをたたいてごらん。きっと奥さん、喜んで手伝ってくださるわ」

「おばさん来てくれないかなあ」

「だめよ、お家知らないもの。お隣へ行ってごらん」

「ボクこわい」

「こわがることないわ。ドアをたたけばいいの・・・・」

「もういいの、おばさん。間に合わなかった」

5021.「決心」

ある男が本を読んでると、酒の害、タバコの害について

たくさん書かれていた。

驚いた男はとうとう止める決心をした・・・、本を読むことを。

5022.「模範的なしゅうとめ」

昔、RD誌に載っていた話、

もし世の中に、一番おせっかい屋でないおしゅうとめさんに

与えられる賞というものかあれば、それは私の祖母に

与えられてよい、と私はいつも思っている。

父と母が休暇で遊びに行った帰り、母方の祖母を家に連れて

帰ることになり、いっしょに車に乗せて田舎道を走っていた。

旅行第二日目の暑い日の午後、父はガソリンスタンドに立ち寄った。

給油や車の手入れをしてもらう間、父たち三人は車から降り、

足をのばしたり、お手洗いに行ったりした。

しばらくして、父は車へ戻り、

「みんな、用意はいいかね?」ときいた。

前部席にいた祖母が「いいですよ」と答えたので、父は車を走らせた。

五、六キロ行ってから父がふとうしろを見ると、

後部席がからっぽである。

あわてて祖母に、なぜ母をおき去りにするところだと

注意してくれなかったのか、ときいた。祖母は落着いて、

「わたしはあなたが知っていてそうするのだと思ったのでね」

5023.「散歩」

朝日新聞〜いわせてもらおより


6歳の息子が一人で帰ってきたので、「どこに行ってたの?」

と聞くと、

「自分の散歩してきた」

(愛知県刈谷市・犬の散歩に行ってよね・34歳)

5024.「スイミング」 kazuさん

ある婆さんが、90歳にして水泳を始めた。

「今日は、25m泳げた。三途の川はどの位あるん?

もう、死んでもあんたの世話にはならんからね。」

嫁さんもたいしたもんで、翌日その水泳教室に行って

「先生、三途の川幅がどのくらいあるんか、わからんから

100mでも200mでも泳げるようにしてやって。

でも、ターンだけは教えんでね。」

5025.「め〜 け? か」 kazuさん

「おいしいよ」

「食べていい?」

「どうぞ」

(津軽弁)

日本一(たぶん世界一)短い会話です。

5026.「よかよかよか」

働くことは「余暇よりよい」

熊本弁らしい(笑)。

5027.「良い、悪い、酷い」

良い 妻が妊娠した。

悪い 三つ子である。

酷い あなたは5年前にパイプカットをしている。

良い 妻はあなたに話しかけない。

悪い 彼女は離婚を望んでいる。

酷い 彼女は弁護士である。

良い あなたの息子は大人になった。

悪い 彼は隣家の女性と不倫をしている。

酷い あなたもそうである。

良い あなたの息子は部屋でよく勉強する。

悪い あなたはその部屋でポルノビデオを発見する。

酷い そのビデオにあなたが出演している。

良い あなたの夫とあなたはもう子供は欲していない。

悪い 避妊ピルが見つからない。

酷い 娘がそれを借りてもっている。

良い あなたの夫はファッション通である。

悪い 彼は服装倒錯者である。

酷い 彼はあなたより着こなしがいい。

良い 娘に性教育をする。

悪い 娘が反論する。

酷い 娘の方が正しい。

良い 息子が新しい誰かとデートした。

悪い 相手は男性である。

酷い その男はあなたの親友である。

良い 娘が新しい仕事に就いた。

悪い その仕事は娼婦である。

酷い 友人が熱心に通っている。

最悪 娘はあなたより稼ぎがいい。

5028.「掛け持ちバイト」 dictatorさん

Y子は、塾の講師と夜のホステスの仕事を掛け持ちしていた。

塾の生徒がY子に「先生、これ分からないんですけど。」

Y子はすかさず「あ〜ら、Y子でお役に立てるかしら〜。」

と色っぽい声で生徒に言ってしまった。

5029.「掛け持ちバイト2」 dictatorさん

Y子は、塾の講師と夜のホステスの仕事を掛け持ちしていた。

Y子は、塾の生徒の親との面接で親がタバコを口にくわえたのですかさずライターに

火をつけ親の口元に持っていって「どうぞ。」と色っぽく言ってしまった。

5030.「掛け持ちバイト3」 

パイロットなのに、減給、リストラにあい、

今ではパイロットの制服で結婚サギをしている。

5031.「演説」

トルーマン大統領があるとき、ハーバート・フーバーについて

かなりきつい非難演説をおこなった。

のちに、フーバーがホワイトハウスに招かれたとき、

彼は本当のところ行きたくなかった。

ホワイトハウスの会合に出たフーバーは歯に衣をきせずに言った。

「大統領閣下、討論に入る前に申し上げます。

あなたが先日私について言われたことは、これまで

公の席でなされた発言のなかで最も低級な言葉でした」

するとトルーマンはにやりと笑いながら、

「ええそうでした。ですから演説のあの個所へきたとき、

私はなかなかあそこを読む勇気が出なかったですよ」

この言葉で二人の間の気まずい空気がほぐれていった。

5032.「父の足跡を踏んで」

経済学部の学生が、なぜ「投資」を専門に選んだのかを説明した。

「ボクは投資で財産を築くことを夢みているのですーーちょうどボクの父のように」

教授はその学生にきいた。

「ほう、キミのお父さんは株かなんかでひと財産を作ったのかね?」

「いいえ、作りはしませんでした。父もそれを夢みていたのです」

5033.「引越し」

元ハンフリー大統領が、1948年に初めて上院議員に選ばれて

ワシントンに引っ越すことになったときの話。

いよいよミネアポリスを引き上げるという前夜、この上院議員は、

幼い娘が就寝前のお祈りをささげているのを耳にした。

「・・・では、神様、さようなら。あたしたちはもうワシントンに行きますから」

5034.「先祖」 hoshikuzuさん

A男「ぼくの家の先祖、“公家”だったんだって」

B男「ぼくんちは“侍”っていってたよ」

C男「・・・・・・」

家に帰ったC男

「ね、ウチの先祖、なんだったの?」

父親「猿だと思うよ」

5035.「理由」

死の床で男が妻に懇願した。

「オレが死んだら、頼むからフレッドと結婚してくれ」

「なぜフレッドと? あんなに嫌っているくせに」

「だからだよ」

5036.「カーンへのバナナ攻撃」 kazuさん

独の守護神、その名をオリバー君・・・じゃない、

オリバー・カーン、属するブンデスリーガのバイエルン・ミュンヘン

ではサポーターがシャレでバナナの皮が投げ入れられることがある。

「頑張れ、我らがゴリラ」という訳だ。

バイエルンが、昨年10月に小野のフェイエノールトと欧州CSで

対戦した時は、敵のフ軍サポーターがバナナの皮を投げて試合が

ストップ、リーガは会場へのバナナの持込を禁止した。

今回の横浜ではその心配はなさそう。横浜は陸上のトラックの

中にピッチがあるため、一番近い席でも25mあり、皮は

届かない。このため、バナナの持ち込みは禁止されないらしい。

但し、バナナの「実」なら肩がよければ届きそうだ。

やるやつ、いるかな?

5037.「死因」

アーカンソーの死体置き場に笑いながら死んでいる

3体の死体があった。

刑事が死因をさぐるために検視官を訪れた。

検視官は一番目の死体を指差して言った。

「これはジョーです。宝くじが当たってショックで死んだのです」

彼は2番目の笑いながら死んでいる死体のそばに来た。

「これはボーです。彼女としている最中に死にました」

彼は3番目の死体に移動した。「ロスコーです。稲妻にうたれて死にました」

刑事は尋ねた。「それなのに、なぜ笑っているんだ」

検視官は答えた。

「ロスコーは写真を撮られていると思ったのです」

5038.「死因2」 tokotokoさん

アーカンソーの死体置き場に笑いながら死んでいる

3体の死体があった。

刑事が死因をさぐるために検視官を訪れた。

検視官は一番目の死体を指差して言った。

「これはジョーです。宝くじが当たってショックで死んだのです」

彼は2番目の笑いながら死んでいる死体のそばに来た。

「これはボーです。彼女としている最中に死にました」

彼は3番目の死体に移動した。

「ロスコーです。稲妻にうたれて死にました」

刑事は尋ねた。「それなのに、なぜ笑っているんだ」

検視官は答えた。

「バンカーから一回で出したところだったんです」

5039.「スパム」

エヴェレスト登頂を3度果たしたエド・ピーターズは、

そのうち2度は酸素の補給なしで登頂に成功している。

その彼も「スパム(彼は高所登山の燃料とよぶ)」の

補給なしで山に登ったことはない。

スパムとは豚肉の缶詰のことで、登山家たちは苦しい

登山の合間に、このスパムをネタにジョークを言い合うことが多い。

5040.「謙虚な看板」

いつだったか、信州をドライブ中に見た謙虚な看板。

絹ごしトウフ---どのトウフにも負けず、ときには他に勝るうまさ。

5041.「質屋での看板」

「もしあなたのお母上がご所持だったものの話を伺わねばならない場合は

1000円頂きます」

5042.「デパートの服売り場での掲示」

「ご主人だけで土曜日になさった買い物は、月曜日の朝にお取り替えに応じます」

5043.「弊社にて」 meganezaruさん

社員全員へ通達

ワールドカップは、昨日で全日程を終了しています。そこで、7月1日以降

以下の行為は謹むように。

一.勤務中に机のパソコンから、インターネットを接続して、試合情報を半ば公然と見ること

一.家で試合を観戦したいが為に、残業を放り投げて帰宅すること

一.残業と称して、会社の食堂でアルコール片手にテレビ観戦すること。また、その諸費用を

   残業費として伝票を切ること

総務部長

5044.「電話」

ある女性が家に電話をする必要があったが、電話は一台だけで、男が使用中だった。

彼女は電話がすぐ空くだろうと、その男のそばに立って待つことにした。

5分経ったが男はまだ電話中だった。男はただそこに立って一言も話さないで聞いているだけだった。

10分後、彼はまだ電話中でやはり一言も話さないで立っているだけだった。

とうとう女性が男の肩をたたき、電話を使わせてくれないかと頼んだ。

「随分待ってるのよ。大切な電話をしなきゃあならないの」

「もうすこし待ってよ」男は電話口を押さえながら答えた。「妻と話しているんだから」

5045.「時差」

ハワイ旅行中の友人からの電話。

成田を朝7時に出発したら、前の日の夜7時にホノルルに着いた。

半日若くなったよ、って喜んでいました。

帰ってきたら倍老けるって言っておきました。

5046.「中国に伝わる話」

二人の友人が橋の上に立って、下の川の中の魚をながめていた。

「魚はなんと楽しそうだろう」と一人が言うと他の一人が言った。

「君は魚でないのに、どうして魚が楽しいかどうかわかるのかい?」

すると初めの男が、

「君は僕でないのに、どうして僕が魚が楽しいかどうか、わかるかわからないかがわかるのかね?」

5047.「撮影」

皇居のお堀端で、2人の外国人の子供がプラカードをもち、

撮影班とおぼしき男がそれをビデオ撮影していた。

すぐ警官がやってきて男に「何かデモでもをやっているのか?」

と詰問した。

男は答えた。「とんでもない。これは私の子供たちで

日本旅行の最終シーンを撮っているところなんです」

ちょうどそのとき、二人の子供がこちらを向いた。

一方のプラカードには大きな字で「The」、もう片方のプラカードには「END」とあった。

5048.「山の動物園」 murasakiさん

実話です。

パリのオペラ座近くの国寅屋というウドン屋で「山の動物園」というウドンを頂きました。

手打ちで美味しいウドンでした。

なぜ「山の動物園」かというと、キツネ(油揚げ)とたぬき(天カス)で動物園、

トロロ芋(山掛け)で山。それで山の動物園(笑)。

実際には山芋が入手できず納豆で代用していましたので、「水戸の動物園」でした。

5049.「サイフなら・・」

ある日ひとりの男が古いキャンプ場に向かってハイキングをしていた。

道路のそばに屋外トイレがあったので、男は用をたしたが、

誤ってトイレの穴に5セント硬貨を落としてしまった。

男はちょっと迷っていたが、穴の中にサイフも投げ込んでしまった。

これを見ていたもうひとりの男が彼に尋ねた。

「なんでそんなことをするんだ?」

男は答えて、

「5セント硬貨だけじゃ拾う気にもなれないだろ?」

5050.「居酒屋」 kufu kufuさん

ビールを注文した。

店員「ワンビヤ一本!」

inserted by FC2 system