回文の部屋            hyoushilogo2.gif (1530 バイト)?

回文とは、前から読んでも後ろから読んでも同じ読みの文です。

迷作の数々ご覧ください。印は気にいってる作品

<仮の住まいも劣るとおもいます、紀香。>

<ささにしき みな見 波、岸にざざ>

<地味も派手も葉をば持てば紅葉>

<馬の縄解きつ 眺むかな 月と花の舞う> 

<寂しく撫でし この妹を手で 思い残して泣く日々さ>

<タリバンか カンダハル破綻か 頑張りだ>

<撫でし この妹を思い残してな>

<自衛隊、カブールで果てる部下、痛い壊死>

<すぐデジカメ貸して、グズ!>

<誰かデジカメ貸して、彼だ>

<大概勝てればイカサマ、三倍満は毎晩さ、まさか威張れ、手が意外だ>

<テロかなと、御難ぞ、炭疽菌 短気損だ そんなことなかろて>


<夜、空爆、悪罵受くるよ>

<原、長嶋痛い、衰退真近ならば>

<バレし(または、ばれ師)オマル苦の日、国庫、火の車を知れば>

オマルは世情に疎い?
イスラムを敵視するなと言いながら、キリスト教伝道者を
捕らえて裁判にかけたり、言動不一致の見本。
なんだか、国庫も火の車で内部崩壊の兆しも・・。

<阪神、奮迅は?>

<巨人、瀕死よき>

<ヤクルト、バトル苦や>

<ヨコハマは来よ>

<中日、血に飢ゆ地>

<広島、ヘマしろい>

<サダムは動いても、抵抗は無駄さ>

<ティータイム不意なナイフ剥いた「痛テ!」>

この文は、さすがの私もちと恥ずかしいぞ!(笑)

粋な神田うのの服は白布の濃淡がナイス

医歯薬ダメだくやしい

<くちなし匂う夜に、出て酔いたいよ、我は、よい鯛よ、出て煮るよ魚にシナチク>

<くやしいわ、こんなアイディア 何個拝借?>

人は自分のアイディアは常に独創的で、他人のアイディアは借り物だと思い勝ちです(笑)。

<いいですか 私、裸足でしたわ、 下、履かずでいい?>
ちょっと意味深ですが・・・(笑)。

<人事異動に疎い紳士>

<済ましたい監査に参加いたします>

定例の退屈な2時間の会議。私の発言は後半の3分だけ。することがないので、回文を考えていました(笑)。

<留守? わくわくしないよ 否、四苦八苦はする>

<清き手、涙垂れ濡れ畳撫で歔欷>

「歔欷」というと、「燃えよ剣」で沖田総司のやさしい言葉に土方歳三が「歔欷」し続ける美しい場面がありました。

<酒屋『ロマノコンティ』開店このまろやかさ>

あの超高級ワインにちなんで『ロマノコンティ』という酒屋が開店しました。どこで?って・・、知らん(笑)。

<弟子と懇談会に行かん断固として>

<浮くしゃぶしゃぶを具を増やし増やし食う>

<医師ら留守、以来ニ晩、産婆に依頼するらしい>

産科の当直は医師不足で、週にニ晩は産婆に当直を依頼することになった(嘘ですよ(笑))。


<金閣は錦、黄地に湧く歓喜>

京都の紅葉は真っ盛り

<夜、外科でギプス、メス拭き出かけるよ>

整形外科医の仕事(笑)

<年の瀬か 下着を着たし 風邪の人>


<しいたけさ、高い買い方 避けたいし>

<何だ、無いよ 初版 早し(はよし) よいな 旦那>

<神酒なくとて、乱れ髪枯れた身で説くな君>

熱き血汐にふれもみで・・
酒が入らないからって、わたしゃ寂しいよ、道を説く君は(笑)。

<酔いし顔、そんな酒で今朝なんぞ おかしいよ>

<高橋 いつマラソン? そらまずいし馬鹿だ>

<高橋 でぶでぶで、いつマラソン? そらまずいで、ふてぶてし馬鹿だ>

高橋は太ってアンパンマン状態で走れないらしい(笑)。

<機嫌がよくない悔い泣くよ感激>

<寝な、しょうもないな、もうよしなネ>

<予約なしにイブふいにし泣く夜よ>

<素人おやじイメクラで落命じゃおとろし>

イメクラはしろとのおやじが行くところではない(笑)。

<うわ〜い!謹賀新年年始歓喜祝う>

<酔わすマキコしごきますわよ>

<問い聞け!田中マキコしごき魔かな猛き人>

<他の誰やらにインカは簡易にやられたのだ>

コルテス率いるたかだか数百人のスペイン軍に、数万のインディオを擁する
アタワルパは負け、捕らえられ処刑されてしまいます。

<金なし 昼メシ サイフ いざ 締める日 死なね〜か>

<「ステレオの鳴り方を語りな」、の俺です>

<歪む貴乃花の縄の固結び>

<闘い後、歪む貴乃花の縄の固結び、故意か多々>

<いかんな、親方に似たか八百 何回?>

<甲斐なし、根回し、わしは真似しないが>

しても、しても報われない根回しなどもうするものか(笑)

<わんさか、稟議書 早よし金利嵩むわ>

たくさんの稟議書を早くあげなさい。そうしているうちにも金利がどんどん嵩むわ、って苦しい(笑)。

<そんなバナナことを言うな、ナウい男な、名は何ぞ?>

<田舎は廃家となり変わって蹉跌ばかりな都会は儚い>

<ナタデココ食べたの? 食べた? ここでだな>

今日、デパートに寄ってきました。あっ、昔、ナタデココ食べたのこの店だったっけ?

<メイクにミスだわ ずぶのしろと おとろしのブス わだす 醜い目>

<やめなさい 見知る 苦のみだ 森も 民の苦しみ いざ 舐めや>

感じよき名さ イチロー 小さな巨人か>


<板井が張り手、頬、火照り歯が痛い>

板井は八百長をしない大乃国にずいぶん張り手をかまし、制裁を加え昏倒させたこともあるそうです。

<快楽? バーミヤン、闇は暗いか>

まさか快楽で破壊しているのではないでしょうが・・(笑)。

<貴乃花て那覇の方>

<武蔵丸、車、四散>

<タフで、出島マジでデブだ>


<魁皇の好きな生酢の魚、イカ>

魁皇は結婚して食生活が改善され、好調らしい。とくに酢の物が好物か(笑)?

<だがな〜、「関係ないス」は粋な意見か? 中田>

記者団に「関係ないス」を連発する中田(笑)

<よしな親方、貴、八百なしよ>

逆転優勝させるため、親方は、ふとアチラの方に心が
動きそうになったが、貴乃花がたしなめた。

<モテモテ新庄よ信じても?でも・・・>

モテモテ新庄よ、この活躍は信じてもいいの?
阪神時代のデビュー時に、やはり大活躍で6割くらい打ったことを思い出す。

<二日酔い言うも、もういいよカップ>

<他のナタくれ、脳、喰うのレクターなのだ>

ハンニバルの好物

<財、貯めたかイチロー 地位固めたいさ>

<遠いな、博多だ、蒙古来るだ、貴公も戦わないと>

<心美、育つかな またにたま なかったぞ 見、ここ>

<他のイルカは軽いのだ>

<いさな(鯨)、鯨らしくなさい>

「いさな」は鯨の古称。体の小さな鯨は、鯨だかイルカだかわからない(笑)。


<私も入れて、「嵐が丘」買おかしらぁ、テレビ燃したわ>

普段本など読まない娘も、TVを燃やし「嵐が丘」を買う気になる。

<陥落さ、出島マジで錯乱か>

カドバン出島、とうとう大関陥落か

当選の乾杯をしても、蓋し(ひょっとしたら)選挙違反で捕まるかも
しれないと戦々恐々の候補者が多い(笑)。

<乾杯したけど、蓋し違反か>

<よす、マキコ迂闊に寄るな なるよーにつか? 動きますよ>

窮鼠ネコを噛むの喩えどおり、あまりマキコを刺激してはいけない。
なるようになると放置しておけば、またミスを犯して自滅する(笑)。

<アカン停めな、稲垣も惜しいぜ乗れたら誰の制止をもきかない、なめとんかぁ>


<長嶋、森、読むのはノムよりもましかな>

ノムさんの読みは的中しない、森、長嶋の方がまし・・。

<被害テロさ、悔しいぜ、脆弱さ露呈かい>


自作「川柳部門」

邪馬台の 眠る王居る 胸の痛まや*

記念すべき?第1作。
これは邪馬台国の卑弥呼の眠るといわれる大和の箸墓を読んだ句、いつも解説(言い訳ともいう)がくどい(笑)。説明がなくなるといいんだけどね。

問い半ば 笑った面は 馬鹿な人

「笑った面は」を師匠に誉めてもらいました。

北キツネ 泣くなよ泣くな 寝つきたき

この「泣くなよ泣くな」は既出かもね、自分で考えたのだけど。

連れの嘘 信じて尽し 葬の列*

連れの、癌ではないという言葉を信じて尽くしたが・・という涙ぐましくも哀しい句(笑)。

魚に似て 思いの妹を 手に匂う*

ちょっとセクシーで、生々しい句でしたね(笑)。でも自分では一番気にいってる句。

東風の吹かば 匂い庵には 歌舞の稚子*

はじめは、<東風吹かば 匂い庵には 歌舞稚子>だったが、師匠のアドバイスに従い「の」を入れたらよくなった。

舞し人 か細き祖母か 問いし今

真ん中の「か細き祖母か」に苦しんだ。何?もっといいことに苦しめとな(笑)。

痛みいいなんだか旦那 いいみたい*

秋になって痛風がよくなった旦那さんを素直に嬉しく思う若妻の気持ちがでているでしょ。でも小股の切れあがった江戸っ子芸者の水揚げシーンを想像してどきどきした、という人がいました。? そういわれれば・・(笑)。誰ですか? ちょっとマゾヒスティックな旦那に新しい痛みの攻撃をかけているサディスティックな若奥さんの妖しくも色っぽい表情が浮かぶなどという人は(笑)。

美しい 人の屁の問い 医師苦痛

外科医は腹部の手術後なるべく早く排ガスさせるように努力します。たとえ相手が美人であろうと、ガスがあったかを問わねばならず、これを苦痛に感ずる医者もいるのです・・、となんだか言い訳がましい(笑)。

<行こ夜は 淋し星見さ 春よ来い>*

オリオンなど星を見るには最高の条件が得られる冬、でも寒すぎる(笑)。

<ロココの美 ヴァトーと会う 美の心>
??
??? ロココ美術はヴァトーをもって嚆矢とする。

<水鏡 水面の藻波 身がかすみ>

????? 水面の波で我が身が霞んで見える・・・。ちと苦しい(笑)。

<消えていく 最後の恋さ 悔いて、駅>

なんという感傷じゃ(笑)。

.<そう急くな 貴様は真先 なくせ嘘>


自作「詩もどき部門」

「別れ」

朝、兄 問い? 行くのかと? 月は落ち われは ? 血を吐きつ 咎の悔い人

行け、さあ。

tokotokoさん作「短歌部門」

<胸に咲く花求めつつ御身いとい身を慎めども汝は草に寝む>

回文で思いを込めて自然に歌うのがどんなに難しいものかよくわかりました(とことこさん談)。

他のサイトで拾って来た回文

<『ロダン』て、さっきの喫茶店だろ>

昔は、『ロダン』って喫茶店よくありました。この回文よくできてますねえ。

<シィズ ワンダフル ガール 普段は炊事>

<野茂のものは野茂のもの>

<世の中ね 顔かお金かなのよ>


紫回文集

 

 

 

 

 

 

inserted by FC2 system