アンドリュー・ワイエス(1917年〜)  hyoushilogo2.gif (1530 バイト)

ワイエスは写実主義の伝統に従うが、抽象主義的印象も大切にします。

写真のような精密・正確さを追求するのではなく、強調されたリアリズム

(省略、誇張)にこそワイエスの真骨頂があるのです。

そのため寡黙で静謐な作品から熱い情感のほとばしりを感じます。

ワイエスの作品を鑑賞するとき、作品から立ち昇る「情感」を感ずるには

作品の背景も知る必要があります。


好きな作品順に並べてみます。

クリスティーナの世界

編んだ髪

海からの風

アルヴァロとクリスティーナ

飛翔

冬 1946

「遠雷」

「遙か彼方に」

「プロシア人」

inserted by FC2 system